武将紹介

【上州真田武将隊】は、真田家初代沼田城主である真田信之(信濃上田藩・松代藩の初代藩主)と正室である小松姫、また利根沼田ゆかりの武将や姫たちを中心に活動する武将隊です。
真田信之と小松姫の居城であった沼田城跡(沼田公園)をはじめ、上州真田の里の観光施設やイベント会場等へ参上し、おもてなしや演武(パフォーマンス)、観光PR活動を行います。

武将隊の出陣日程については、出陣予定をご覧ください。
お呼びとあれば、県外にも出陣いたしますぞ!

出陣依頼もお待ちしておりまする!

 

【真田信之(さなだのぶゆき)】
父に真田昌幸、弟に真田幸村を持つ戦国武将。
父より利根沼田を託され、真田家による初代沼田城城主となる。
知略、武勇共に優れ、戦に出れば獅子のような戦いぶりで数々の武功を挙げた名将。
しかし父と弟の陰に隠れ存在感が薄く、また嫁の尻に敷かれているが、性格温厚でそれもまた良しとしている。

【小松姫(こまつひめ)】
真田信之の正室。徳川家の養女にして、猛将・本田忠勝の娘。
夫・真田信之が留守の間、沼田城を守り抜いた逸話は有名。
良妻賢母な姫として知られるが、男勝りで強気な性格からか、よく”鬼嫁”と揶揄される。
現世でもその鬼嫁っぷりは健在。しかし照れくささから本音とは裏腹なことを言ってしまう乙女な一面も。

【真田幸村(さなだゆきむら)】
大坂の陣で名を轟かせ、「日ノ本一の兵」と謳われた勇将。
徳川家康に二度も自害を覚悟させるなど、その武勇は歴史を揺るがすほど。
正義感が強く熱血で、現世でも兄・信之を支えんと尽力するが、熱くなるとその勢いで周囲をはらはらさせる。普段のさわやかさは武将隊一である。

【真田昌幸(さなだまさゆき)】
信之と幸村の父で、戦国屈指の智将。
合戦では少数の兵で大軍を圧倒。
また伊香保温泉の整備を担い、石段街は現在までその形を残すなど手腕を遺憾なく発揮する。反面、現世は能天気で助平(すけべ)なため小松姫から度々制裁を受けるが、それもご褒美と受け取るたくましさがある。

【沼田平八郎景義(ぬまたへいはちろうかげよし)】
沼田城築城主の息子で、沼田氏最後の猛将。
“摩利支天の再来”と恐れられたが、悲運な最期を遂げる。
かつては真田家とは敵同士であったが、現世では協力体制にあるようだ。
しかし密かに武将隊の名称を「上州”沼田”武将隊」に変える野望を持ち、真田家に対しよく毒づく傾向にある。

【円珠姫(えんじゅひめ)】
沼田景義の母に仕えた侍女。
和歌を詠ませたら右に出る者はなく、当時の天皇に一目置かれたほどという。
人を惹きつける魅力を持つ円珠にデレデレの昌幸が真田家に引き抜こうと企むが、貴重な沼田家を奪われる訳にはいかない景義と攻防を繰り広げる。

【お初(おはつ)】
伊賀の忍びとして育てられ、小松姫に仕えているお付きのくノ一。
小松姫とは幼馴染みで、姫が真田家に輿入れする際に共に真田家の一員となった。
常にニコニコとおっとりとした性格だが、いざという時の機敏さは別人。
跳躍力の低さは、逆に一見の価値ありとの噂。

【かがり花(かがりばな)】
小松姫の侍女で幼馴染。
巨漢を凌ぐ大力で、昌幸の使者の腕を握り潰すなど、おぞましい逸話を持つ。
小松姫の有名な沼田御守城の影に彼女あり。
オラオラ口調で性格は男気に溢れているが、女性らしさを褒められると一転、顔を赤らめて口が回らなくなる乙女でもある。

【鈴木右近忠重(すずきうこんただしげ)】
昌幸、次いで信之の家臣。
柳生宗章・柳生宗厳に剣を学ぶ剣豪。
うさぎ耳のような髪留めが特徴。
男性だが、その愛らしさ故に昌幸から”うーたん”の愛称を授かる。
真田家を粛々と狙う沼田景義を警戒している。

 

サブコンテンツ

Facebook

このページの先頭へ